月別: 5月 2016

三連休のど真ん中、混雑していた京都市動物園

昨日は夫、私、5歳の息子と2歳の娘と一緒に京都市動物園に行ってきました。三連休のど真ん中で渋滞が予想され、本来なら電車とバスで向かうほうが最善の策なのですが、子供たちが楽しさのあまり興奮して、帰りは疲れて眠ってしまうだろうからと、行けるところまで車で向かうことにしました。

すると案の定、行きの高速道路で事故渋滞。車が全く進みません。救急車が2台横を通過し、後々、多重事故だと知りました。目的地まであと少しありますが、やむを得ず一般道に降りました。調べると、その付近の最寄駅は深草駅。深草駅から京都市動物園の最寄り駅の京阪三条駅までは電車で15分。深草駅近辺のパーキングに車を停めて、電車大好きな息子のために、あと少しは電車で向かうことに。息子は嬉しくて、テンションが上がり、そのテンションにつられて娘も嬉しそうにはしゃいでいました。

そして三条駅に着き、そこからバスで京都市動物園まで行くことにしました。しかし、、、またもや大渋滞でバスが全く動きません。歩いたほうが早そうだと判断して、次のバス停で下車して、徒歩で向かいました。10分ほど歩いて、ようやく動物園前まで着くと、なんと入場券を買うために大行列。恐るべし、三連休のど真ん中。動物園に入っても、人、人、人。京都市動物園に来たのは、今回で4回目ですが、今までで一番の混雑ぶりでした。

<img src="http://www pop over to this website.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428064-300×219 hefib7e.jpg” alt=”428064″ width=”300″ height=”219″ class=”alignnone size-medium wp-image-25″ />

夫も私も渋滞と人の多さで、どっと疲れてしまいしたが、それでも子供たちはそんなことは関係なく、動物園を楽しみ、動物に魅了され目をキラキラとさせていました。そんな姿を見ると、頑張って連れてきて良かったと心から思いました。と同時に、この動物園にいる、ほとんどのパパママも同じ気持ちなのだろうと思うと、私も親になったのだと感慨深くなりました。

子供が出来てバタバタな生活を送っているけれどそれなりに幸せ

結婚しないで、このまま毎日それなりに仕事を楽しみ、追われながら人生過ごしていくのだろうと思っていた時から10年弱が経過しています。
そんな事を思っていたのが信じられない位です。

そう感じた直後に夫と出逢い、1年後には結婚しました。夫婦共にまぁまぁの年になっていたので子供は自然にまかせることにしようと決めました。

授かれば神様は子供と一緒に過ごしていきなさいと言われいて、授かることがなければ夫婦2人で仲良く暮らしていきなさいという事だろうと夫婦で勝手に思いました。
そんな中で2年後に出産を経験しました。

それから毎日、今でもバタバタだけど、夫は本当に家事育児に協力的でこういう人がイクメンなんだと思います。
子供がいなかった頃は、夫の誕生日にプレゼントを用意したり、夕食を好きな物にしたり、誕生日ケーキとして好きなケーキを作ったりしていましたが、今はなかなか難しいです。
そんな子供優先な中でも夫の優しさに変わりはなくて、バレンタインに近くのスーパーで買い物ついでに買って渡したチョコに対してでも、仕事帰りにいつ行っているのかわからないけれど、美味しいと有名なお菓子屋さんの焼き菓子をホワイトデーに用意してくれたりします。
思ってもいない事で毎年驚きます。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300.jpg" alt="040204" width="159" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-22" srcset="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300 sildenafil 100mg.jpg 159w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204.jpg 346w” sizes=”(max-width: 159px) 100vw, 159px” />
毎日、子供の世話に追われていると今日が何日なのかもわからない事に陥ってしまう事もよくあるので、ホワイトデーなんてスッカリ頭から毎年抜けているのに夫はいつも覚えていてくれます。
こんなサプライズに幸せを感じるし、毎日のちょっとした手助けもじんわりと幸せを感じます。
子供も悪さもするけれど、まだ純粋でそんな子供の相手を時間の出来た時にするのは幸せな時間です。
なかなか大きな幸せというと難しいけれど、私は毎日目を凝らしてよく見るとささやかな幸せが毎日どこかにあって、それを感じた時は自分も優しくあろうって気持ちになります。


これから子供も大きくなって、可愛くない事を言うようになるかもしれないけれど、優しい気持ちだけは忘れないでいようと思います。

優しい気持ちがささやかな幸せを呼び寄せている感じがしているので、これからもこれは忘れないでいたいと思います。

被災地のPRにネットはすごい力を発揮していると感じた

先日ネットでとても美味しそうな海鮮丼の画像を見ました。
その海鮮丼、結構豪華なのに500円~という格安の値段で食べることが出来るみたいです。
美味しそうだと思って見ていたのですが、まさかその海鮮丼のお店が地元にある店だったのです。
いつも同じ店ばかりに行っているのでもこんな安く美味しそうな物が食べられる店があるなんて知りませんでした。

<img src="http://www Get the facts.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179-186×300.jpg” alt=”428179″ width=”186″ height=”300″ class=”alignnone size-medium wp-image-19″ srcset=”http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179-186×300.jpg 186w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179.jpg 373w” sizes=”(max-width: 186px) 100vw, 186px” />

この海鮮丼を出している店ですが、震災の時に津波の被害を受けた店が仮設で出している店舗なんだそうです。
あの辺りに仮設商店街があることは知っていますが、この店のことは全く分からなかったです。

私の地元は震災で被害を受けた地域ですが、全国的には被災地としては有名ではありません。
テレビで大きく報道されるのはもっと広範囲に被害を受けた地域ばかりで、小さな被災地が全国放送でスポットが当たることは殆どないのです。

ですがネットの力って本当に凄いと思います。誰かが載せた海鮮丼の画像が拡散されていって、それを見て「行ってみたい」と思う人もいるのですから。

たまたまとあるサイトで誰かが「被災地にある500円の海鮮丼、絶対有給を使って食べに行きたい」と書いてあるのを見掛けました。
その書き込みは本当にたまたま見た物だったのですが、都会の方からこうして本気で行く予定を立ててくれる人のコメントを見ると被災地に住んでいる自分としては凄く嬉しいです。

忘れられた被災地をPRするには私もどんどん自分から情報を発信していかなければならないなと思いました。”

人とチワワが共存できる社会が理想

人とチワワが共に生きていくとしたら、社会性のようなものを覚えなければならないのではないでしょうか。ですから子犬であってもしつけていかないといけないと思います。
飼い主さんがトイレとは異なるしつけで褒美などを犬に与えていれば、おトイレのしつけ訓練がほぼ終了するまで、しばらくの期間はご褒美を上げるのは行わないでみることをおすすめします。
小さくてあどけなさのあるトイプードルをペットに欲しいと考えている人も大勢いるかもしれません。飼い主として、しつけや訓練も手を抜かずにやっておかないと良くありません。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-300×300.jpg" alt="426355" width="300" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-16" srcset="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-300×300.jpg 300w, http://www sildenafil citrate 100mg.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-150×150.jpg 150w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-1024×1024.jpg 1024w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-88×88.jpg 88w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-900×900.jpg 900w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-1280×1280.jpg 1280w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355.jpg 1600w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

もしも、犬のしつけが行われていないと、まさに餌を長期間もらっていないかのように、食べ物が欲しくて見極めなく食べ物臭を嗅ぎながらの面倒な散歩をすることになってしまう恐れもあります。
飼い主さんは子犬を早くから社会の掟を手堅く教えることが、当然ながら大事です。忍耐力を持って飼い犬をしつけるようにしましょう。

噛む犬はしつけが悪いからでしょう。妥当なしつけを行っていないと考えられます。ネットで紹介されているしつけ方法をみても、正しくない点がいろいろとあるでしょう。
子犬として適切に過ごしていないために、自分勝手な行為をする犬も、最初からしつけを重ねる結果、問題視すべき行動も減少する場合もあります。
よく、自由きままに育つと無駄吠えの頻度が目立つようになるミニチュアダックスフンドのような犬も、徹底してしつけを実践すると、無駄吠えなどを減少させることができるようです。
みなさんの小犬が噛んでくれるという時は、「噛むのはダメだ」というしつけを教え込むチャンスですよ。噛んでもらわないと、「噛むのはダメだ」と、しつけることはできないですから。
トイプードルを甘やかしてしまうと、勘違いしたトイプードルはより強いと感じて、力を込めて噛みついてしまうみたいです。従って、トイプードルの噛み癖というものは、絶対にしつけを実践しないとだめでしょうね。

ペットには、しつけをする必要があります。チワワだったら、大げさに褒めあげることでしょう。にこやかに撫でるなどして、ばっちりと愛情を注いでください。

もしも、従順な犬とお散歩をしていたら、当然ながら感心されますし、他のドッグオーナーにしつけの仕方を教えたりしたら、ドッグオーナーさんの間で人気者になってしまうことは明らかでしょうね。
自然と子犬の時は、甘やかしがちになるでしょう。しかし、まだ幼い時期だからこそ、やはりしつけ訓練などをパーフェクトに実践するべきでしょう。

犬をしからないと悪さが良いことだと勘違いする

柴犬というと、無駄吠えの行動を容易にするタイプと考えられます。従って、無駄吠えのしつけには「簡単にはいかないかも」と覚悟したら賢明だろうと考えます。
犬は、歯の生え変わるころしつけを実践して、噛む強弱の調整を覚えておくと、大人になっても噛む力の強弱を既に身につけているため、力の限り噛みつくことをあまりしないようになると言われています。
平均して一生の歯が生えそろう時期にある子犬は、最もじゃれ合うのが好きですから、このころにちゃんとしつけを完了させるようにするべきです。
トイレのしつけ自体は犬が来る初日であってもすぐさま開始するべきです。早速みなさんも今すぐおトイレのしつけの準備などをするべきです。
賢い犬種のトイプードルです。育て方などには大した問題はあまりないようです。子犬の頃からのトイレやそのほかのしつけも、簡単に体得すると想像します。

基本的に、犬にとって「噛む」というのは愛情の現れです。永久歯が生えるころに甘噛みがありますが、この際に意識的にしつけを受けないと、噛み癖が後に残ってしまうと言います。
子犬と一緒に暮らし始めたら、とにかく犬のルールをそれなりに習得させることは、当たり前のことですが、大切なんです。努めて子犬たちをしつけることです。

もしも、叱ったりせずにしつけたいからといって、飛びついているラブラドールを抱くとか、撫でるなどしてはいけないのです。「飛びつくと構ってくれる」と感じてしまうらしいです。

一般的に、チワワはトイレしつけがあまり大変ではありません。その一方で、デリケートなところがある犬種ですから、最初のうちはペットシーツの場所を何度も動かさないことが必要です。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-300×225.jpg" alt="432011" width="300" height="225" class="alignnone size-medium wp-image-13" srcset="http://www.secondchanceist our website.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-300×225.jpg 300w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-1024×768.jpg 1024w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-900×675.jpg 900w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-1280×960.jpg 1280w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011.jpg 1600w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

お子さんにも「これでは言うことをきかない・・・」「社会のルールは覚えさせたい」などと、積極的に対応しませんか?過度に吠える犬のしつけ訓練だって一緒です。

犬の散歩に関するしつけのトラブルは、大概2つあります。その2つは、実は愛犬と飼い主の関係というところに強く関係していると言えます。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén