人とチワワが共に生きていくとしたら、社会性のようなものを覚えなければならないのではないでしょうか。ですから子犬であってもしつけていかないといけないと思います。
飼い主さんがトイレとは異なるしつけで褒美などを犬に与えていれば、おトイレのしつけ訓練がほぼ終了するまで、しばらくの期間はご褒美を上げるのは行わないでみることをおすすめします。
小さくてあどけなさのあるトイプードルをペットに欲しいと考えている人も大勢いるかもしれません。飼い主として、しつけや訓練も手を抜かずにやっておかないと良くありません。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-300×300.jpg" alt="426355" width="300" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-16" srcset="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-300×300.jpg 300w, http://www sildenafil citrate 100mg.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-150×150.jpg 150w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-1024×1024.jpg 1024w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-88×88.jpg 88w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-900×900.jpg 900w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355-1280×1280.jpg 1280w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/426355.jpg 1600w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

もしも、犬のしつけが行われていないと、まさに餌を長期間もらっていないかのように、食べ物が欲しくて見極めなく食べ物臭を嗅ぎながらの面倒な散歩をすることになってしまう恐れもあります。
飼い主さんは子犬を早くから社会の掟を手堅く教えることが、当然ながら大事です。忍耐力を持って飼い犬をしつけるようにしましょう。

噛む犬はしつけが悪いからでしょう。妥当なしつけを行っていないと考えられます。ネットで紹介されているしつけ方法をみても、正しくない点がいろいろとあるでしょう。
子犬として適切に過ごしていないために、自分勝手な行為をする犬も、最初からしつけを重ねる結果、問題視すべき行動も減少する場合もあります。
よく、自由きままに育つと無駄吠えの頻度が目立つようになるミニチュアダックスフンドのような犬も、徹底してしつけを実践すると、無駄吠えなどを減少させることができるようです。
みなさんの小犬が噛んでくれるという時は、「噛むのはダメだ」というしつけを教え込むチャンスですよ。噛んでもらわないと、「噛むのはダメだ」と、しつけることはできないですから。
トイプードルを甘やかしてしまうと、勘違いしたトイプードルはより強いと感じて、力を込めて噛みついてしまうみたいです。従って、トイプードルの噛み癖というものは、絶対にしつけを実践しないとだめでしょうね。

ペットには、しつけをする必要があります。チワワだったら、大げさに褒めあげることでしょう。にこやかに撫でるなどして、ばっちりと愛情を注いでください。

もしも、従順な犬とお散歩をしていたら、当然ながら感心されますし、他のドッグオーナーにしつけの仕方を教えたりしたら、ドッグオーナーさんの間で人気者になってしまうことは明らかでしょうね。
自然と子犬の時は、甘やかしがちになるでしょう。しかし、まだ幼い時期だからこそ、やはりしつけ訓練などをパーフェクトに実践するべきでしょう。