結婚しないで、このまま毎日それなりに仕事を楽しみ、追われながら人生過ごしていくのだろうと思っていた時から10年弱が経過しています。
そんな事を思っていたのが信じられない位です。

そう感じた直後に夫と出逢い、1年後には結婚しました。夫婦共にまぁまぁの年になっていたので子供は自然にまかせることにしようと決めました。

授かれば神様は子供と一緒に過ごしていきなさいと言われいて、授かることがなければ夫婦2人で仲良く暮らしていきなさいという事だろうと夫婦で勝手に思いました。
そんな中で2年後に出産を経験しました。

それから毎日、今でもバタバタだけど、夫は本当に家事育児に協力的でこういう人がイクメンなんだと思います。
子供がいなかった頃は、夫の誕生日にプレゼントを用意したり、夕食を好きな物にしたり、誕生日ケーキとして好きなケーキを作ったりしていましたが、今はなかなか難しいです。
そんな子供優先な中でも夫の優しさに変わりはなくて、バレンタインに近くのスーパーで買い物ついでに買って渡したチョコに対してでも、仕事帰りにいつ行っているのかわからないけれど、美味しいと有名なお菓子屋さんの焼き菓子をホワイトデーに用意してくれたりします。
思ってもいない事で毎年驚きます。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300.jpg" alt="040204" width="159" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-22" srcset="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300 sildenafil 100mg.jpg 159w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204.jpg 346w” sizes=”(max-width: 159px) 100vw, 159px” />
毎日、子供の世話に追われていると今日が何日なのかもわからない事に陥ってしまう事もよくあるので、ホワイトデーなんてスッカリ頭から毎年抜けているのに夫はいつも覚えていてくれます。
こんなサプライズに幸せを感じるし、毎日のちょっとした手助けもじんわりと幸せを感じます。
子供も悪さもするけれど、まだ純粋でそんな子供の相手を時間の出来た時にするのは幸せな時間です。
なかなか大きな幸せというと難しいけれど、私は毎日目を凝らしてよく見るとささやかな幸せが毎日どこかにあって、それを感じた時は自分も優しくあろうって気持ちになります。


これから子供も大きくなって、可愛くない事を言うようになるかもしれないけれど、優しい気持ちだけは忘れないでいようと思います。

優しい気持ちがささやかな幸せを呼び寄せている感じがしているので、これからもこれは忘れないでいたいと思います。