カテゴリー: 生活

子供が出来てバタバタな生活を送っているけれどそれなりに幸せ

結婚しないで、このまま毎日それなりに仕事を楽しみ、追われながら人生過ごしていくのだろうと思っていた時から10年弱が経過しています。
そんな事を思っていたのが信じられない位です。

そう感じた直後に夫と出逢い、1年後には結婚しました。夫婦共にまぁまぁの年になっていたので子供は自然にまかせることにしようと決めました。

授かれば神様は子供と一緒に過ごしていきなさいと言われいて、授かることがなければ夫婦2人で仲良く暮らしていきなさいという事だろうと夫婦で勝手に思いました。
そんな中で2年後に出産を経験しました。

それから毎日、今でもバタバタだけど、夫は本当に家事育児に協力的でこういう人がイクメンなんだと思います。
子供がいなかった頃は、夫の誕生日にプレゼントを用意したり、夕食を好きな物にしたり、誕生日ケーキとして好きなケーキを作ったりしていましたが、今はなかなか難しいです。
そんな子供優先な中でも夫の優しさに変わりはなくて、バレンタインに近くのスーパーで買い物ついでに買って渡したチョコに対してでも、仕事帰りにいつ行っているのかわからないけれど、美味しいと有名なお菓子屋さんの焼き菓子をホワイトデーに用意してくれたりします。
思ってもいない事で毎年驚きます。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300.jpg" alt="040204" width="159" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-22" srcset="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204-159×300 sildenafil 100mg.jpg 159w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/040204.jpg 346w” sizes=”(max-width: 159px) 100vw, 159px” />
毎日、子供の世話に追われていると今日が何日なのかもわからない事に陥ってしまう事もよくあるので、ホワイトデーなんてスッカリ頭から毎年抜けているのに夫はいつも覚えていてくれます。
こんなサプライズに幸せを感じるし、毎日のちょっとした手助けもじんわりと幸せを感じます。
子供も悪さもするけれど、まだ純粋でそんな子供の相手を時間の出来た時にするのは幸せな時間です。
なかなか大きな幸せというと難しいけれど、私は毎日目を凝らしてよく見るとささやかな幸せが毎日どこかにあって、それを感じた時は自分も優しくあろうって気持ちになります。


これから子供も大きくなって、可愛くない事を言うようになるかもしれないけれど、優しい気持ちだけは忘れないでいようと思います。

優しい気持ちがささやかな幸せを呼び寄せている感じがしているので、これからもこれは忘れないでいたいと思います。

犬をしからないと悪さが良いことだと勘違いする

柴犬というと、無駄吠えの行動を容易にするタイプと考えられます。従って、無駄吠えのしつけには「簡単にはいかないかも」と覚悟したら賢明だろうと考えます。
犬は、歯の生え変わるころしつけを実践して、噛む強弱の調整を覚えておくと、大人になっても噛む力の強弱を既に身につけているため、力の限り噛みつくことをあまりしないようになると言われています。
平均して一生の歯が生えそろう時期にある子犬は、最もじゃれ合うのが好きですから、このころにちゃんとしつけを完了させるようにするべきです。
トイレのしつけ自体は犬が来る初日であってもすぐさま開始するべきです。早速みなさんも今すぐおトイレのしつけの準備などをするべきです。
賢い犬種のトイプードルです。育て方などには大した問題はあまりないようです。子犬の頃からのトイレやそのほかのしつけも、簡単に体得すると想像します。

基本的に、犬にとって「噛む」というのは愛情の現れです。永久歯が生えるころに甘噛みがありますが、この際に意識的にしつけを受けないと、噛み癖が後に残ってしまうと言います。
子犬と一緒に暮らし始めたら、とにかく犬のルールをそれなりに習得させることは、当たり前のことですが、大切なんです。努めて子犬たちをしつけることです。

もしも、叱ったりせずにしつけたいからといって、飛びついているラブラドールを抱くとか、撫でるなどしてはいけないのです。「飛びつくと構ってくれる」と感じてしまうらしいです。

一般的に、チワワはトイレしつけがあまり大変ではありません。その一方で、デリケートなところがある犬種ですから、最初のうちはペットシーツの場所を何度も動かさないことが必要です。

<img src="http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-300×225.jpg" alt="432011" width="300" height="225" class="alignnone size-medium wp-image-13" srcset="http://www.secondchanceist our website.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-300×225.jpg 300w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-1024×768.jpg 1024w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-900×675.jpg 900w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011-1280×960.jpg 1280w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/432011.jpg 1600w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

お子さんにも「これでは言うことをきかない・・・」「社会のルールは覚えさせたい」などと、積極的に対応しませんか?過度に吠える犬のしつけ訓練だって一緒です。

犬の散歩に関するしつけのトラブルは、大概2つあります。その2つは、実は愛犬と飼い主の関係というところに強く関係していると言えます。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén