カテゴリー: ニュース

三連休のど真ん中、混雑していた京都市動物園

昨日は夫、私、5歳の息子と2歳の娘と一緒に京都市動物園に行ってきました。三連休のど真ん中で渋滞が予想され、本来なら電車とバスで向かうほうが最善の策なのですが、子供たちが楽しさのあまり興奮して、帰りは疲れて眠ってしまうだろうからと、行けるところまで車で向かうことにしました。

すると案の定、行きの高速道路で事故渋滞。車が全く進みません。救急車が2台横を通過し、後々、多重事故だと知りました。目的地まであと少しありますが、やむを得ず一般道に降りました。調べると、その付近の最寄駅は深草駅。深草駅から京都市動物園の最寄り駅の京阪三条駅までは電車で15分。深草駅近辺のパーキングに車を停めて、電車大好きな息子のために、あと少しは電車で向かうことに。息子は嬉しくて、テンションが上がり、そのテンションにつられて娘も嬉しそうにはしゃいでいました。

そして三条駅に着き、そこからバスで京都市動物園まで行くことにしました。しかし、、、またもや大渋滞でバスが全く動きません。歩いたほうが早そうだと判断して、次のバス停で下車して、徒歩で向かいました。10分ほど歩いて、ようやく動物園前まで着くと、なんと入場券を買うために大行列。恐るべし、三連休のど真ん中。動物園に入っても、人、人、人。京都市動物園に来たのは、今回で4回目ですが、今までで一番の混雑ぶりでした。

<img src="http://www pop over to this website.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428064-300×219 hefib7e.jpg” alt=”428064″ width=”300″ height=”219″ class=”alignnone size-medium wp-image-25″ />

夫も私も渋滞と人の多さで、どっと疲れてしまいしたが、それでも子供たちはそんなことは関係なく、動物園を楽しみ、動物に魅了され目をキラキラとさせていました。そんな姿を見ると、頑張って連れてきて良かったと心から思いました。と同時に、この動物園にいる、ほとんどのパパママも同じ気持ちなのだろうと思うと、私も親になったのだと感慨深くなりました。

被災地のPRにネットはすごい力を発揮していると感じた

先日ネットでとても美味しそうな海鮮丼の画像を見ました。
その海鮮丼、結構豪華なのに500円~という格安の値段で食べることが出来るみたいです。
美味しそうだと思って見ていたのですが、まさかその海鮮丼のお店が地元にある店だったのです。
いつも同じ店ばかりに行っているのでもこんな安く美味しそうな物が食べられる店があるなんて知りませんでした。

<img src="http://www Get the facts.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179-186×300.jpg” alt=”428179″ width=”186″ height=”300″ class=”alignnone size-medium wp-image-19″ srcset=”http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179-186×300.jpg 186w, http://www.secondchanceist.com/wp-content/uploads/sites/185/2016/05/428179.jpg 373w” sizes=”(max-width: 186px) 100vw, 186px” />

この海鮮丼を出している店ですが、震災の時に津波の被害を受けた店が仮設で出している店舗なんだそうです。
あの辺りに仮設商店街があることは知っていますが、この店のことは全く分からなかったです。

私の地元は震災で被害を受けた地域ですが、全国的には被災地としては有名ではありません。
テレビで大きく報道されるのはもっと広範囲に被害を受けた地域ばかりで、小さな被災地が全国放送でスポットが当たることは殆どないのです。

ですがネットの力って本当に凄いと思います。誰かが載せた海鮮丼の画像が拡散されていって、それを見て「行ってみたい」と思う人もいるのですから。

たまたまとあるサイトで誰かが「被災地にある500円の海鮮丼、絶対有給を使って食べに行きたい」と書いてあるのを見掛けました。
その書き込みは本当にたまたま見た物だったのですが、都会の方からこうして本気で行く予定を立ててくれる人のコメントを見ると被災地に住んでいる自分としては凄く嬉しいです。

忘れられた被災地をPRするには私もどんどん自分から情報を発信していかなければならないなと思いました。”

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén